更年期障害、骨粗しょう症、子宮検診など女性の悩みを経験豊富な婦人科専門医がしっかり解決

診療内容 ~AICS~

日本における、がんによる死亡者数は年々増加傾向にあり、1981年以降死因の第1位となりました。また、2014年には、全死亡者数127万3千人中、がんによる死亡者数は36万8千人となり、死亡者の約1/3ががんにより死亡しています。

aics_01

出典:平成26年人口動態統計月報年計(概数)の概況(厚生労働省)より

1回5ccの採血で、がんのリスクがわかるAICS検査とは

がんになる前の早い段階からがんのリスク評価ができないものか?そんな切実な要望から生まれたのが、1回5ccの採血でがんのリスクがわかるAICS検査です。
健康な人は血液中のアミノ酸濃度は、一定に保たれるようにコントロールされていますが、がん患者さんでは一定に保たれている血液中のアミノ酸濃度のバランスが変化することが報告されています。
AICSは血液中のアミノ酸濃度を測定し、健康な人とがん患者さんのアミノ酸濃度のバランスの違いを統計的に解析することで、現在のがんのリスクを5ccの採血だけで評価する検査です。

女性の場合、胃がん、肺がん、大腸がん、すい臓がん、乳がん、子宮がん・卵巣がんと6種類のがんのリスクについて評価することができます(がんの診断ではありません)。体への負担も小さいので検討してみてはどうでしょうか。

aics_02

 

診察項目

AICS

日本における、がんによる死亡者数は年々増加傾向にあり、1981年以降死因の第1位となりました。また、...

続きを読む

月経困難症

月経困難症とは、生理期間中に生理にともなって起こる病的症状のことです。 下腹部痛、腰痛など一般的に...

続きを読む

子宮・卵巣検診

まず簡単な問診で月経の状態、健康状態、自覚症状などをチェックします。内診台にあがり、子宮...

続きを読む

更年期障害

世界一長寿となった日本人女性。 平均寿命も86歳を超えてきました。これからは、この長い人生...

続きを読む

骨粗しょう症

女性は、閉経に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の低下により、更年期以降、さまざまな疾患が起こりやすく...

続きを読む

プラセンタ療法

最近、ほてりや汗がひどい、腰や手足が冷える、頭痛・めまい・吐き気が気になる、食欲がない、疲れやす...

続きを読む

子宮頸がん

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2つがあります。 子宮頸がんは最近20歳代での...

続きを読む

OC

OCとはOral contraceptivesの略で低用量経口避妊薬または低用量ピルのことです。 ...

続きを読む