更年期障害、骨粗しょう症、子宮検診など女性の悩みを経験豊富な婦人科専門医がしっかり解決

診療内容 ~子宮頸がん~

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2つがあります。
子宮頸がんは最近20歳代での発症が増えています。子宮頸がんの発症はヒトパピローマウイルス(HPV)の感染が関与していることがわかっています。子宮頸がんは初期には目立った症状はありませんが、進行してくると出血が続き、量も増えてきます。
一方、「子宮体がん」は子宮の奥(体部)にできるがんで、40歳代以上の女性がかかりやすく、閉経後の出血には注意が必要です。

子宮頸がんは、子宮の入り口に出来るがん。自覚症状は、ほとんどありません

子宮頸がんの原因

子宮頸がんの原因は、ほとんどの女性がかかるありふれたウイルス(HPV)とされています。つまりHPV感染自体はごく自然なことです。HPVに感染してもほとんどは一過性で自然に消滅します。

150種類以上のHPVのタイプの中でも、15種ほどが高リスク型とよばれています。高リスク型HPV(特に16型、18型)の感染が長期間持続した時、子宮頸がんになる可能性がでてきます。一方、子宮頸がんを引き起こすことのない低リスク型HPVは、性器のイボ(尖圭コンジローマ)などの原因となります。

HPVに感染してから、子宮頸がん発病まで平均10年とされています。
通常はHPVに感染しても、自身の免疫力でHPVは排除されます。感染が長期化すると、細胞は変化していき「異形成」という状態になりますが、この場合でも多くは正常な細胞にもどります。

しかし異形成が続いて細胞の変化が強くなると、その一部でがんに進行していくことになります。高リスク型HPVに感染してがんになる人は、1000人に1人か2人です。

子宮頸がんが発生するメカニズムについて

子宮頸がんは定期的な検査で、がんになる前の段階で発見することができます。前がん状態で発見できれば、予防できます。
がんになる前に発見。これが最善の予防策です。

 

診察項目

AICS

日本における、がんによる死亡者数は年々増加傾向にあり、1981年以降死因の第1位となりました。また、...

続きを読む

更年期障害

世界一長寿となった日本人女性。 平均寿命も86歳を超えてきました。これからは、この長い人生...

続きを読む

骨粗しょう症

女性は、閉経に伴う女性ホルモン(エストロゲン)の低下により、更年期以降、さまざまな疾患が起こりやすく...

続きを読む

子宮頸がん

子宮がんには「子宮頸がん」と「子宮体がん」の2つがあります。 子宮頸がんは最近20歳代での...

続きを読む

月経困難症

月経困難症とは、生理期間中に生理にともなって起こる病的症状のことです。 下腹部痛、腰痛など一般的に...

続きを読む

OC

OCとはOral contraceptivesの略で低用量経口避妊薬または低用量ピルのことです。 ...

続きを読む

子宮・卵巣検診

まず簡単な問診で月経の状態、健康状態、自覚症状などをチェックします。内診台にあがり、子宮...

続きを読む

プラセンタ療法

最近、ほてりや汗がひどい、腰や手足が冷える、頭痛・めまい・吐き気が気になる、食欲がない、疲れやす...

続きを読む